コロナ禍での転職活動の実情

転職

こんにちは、ももです。

コロナの感染者が徐々に増えつつあり、
経済が悪い状態で、転職活動を続けています。

そんな中、一昨日以下のツイートをしました。

内定を得た成功者の体験記はあっても、不採用で継続中の体験記は
珍しいかと思った為、書いていきます。

【この記事を読むと有益な方】

  • 営業からの転職を考えている人
  • いわゆる「ノースキル」で転職活動を考えている人
  • コロナ禍での転職の実情を知りたい人

今の私の状態でもあります。
(ちなみに「営業」から、
「SE、Webマーケティング、Webコンサル」を目指しています。)

先に結論を書きます。(質問、回答、理由の順で。)

  • 営業からの転職を考えているけど、実際のところどうなのか。
    →同じ職種・業界なら有利だが、完全未経験への転職は非常に不利
     →企業側も業績悪化を受けて、採用を慎重になっている為。
  • いわゆる「ノースキル」で転職活動するとどうなのか。
    →厳しい。目指す職種・業界にも依るが、未経験歓迎は言葉通りで無い。
     →この状況で未経験を雇う事は、短期的に非常にマイナスになる為。
  • コロナ禍での転職の実情はどうか。
    例年以上に厳しい。経済が停滞・悪化している中での活動の為。
     →企業側も先行きが見えず、環境の変化に適応出来ていない為。

ちなみに私の実情がこちら。

活動時期:6月頭より
現職:商社、法人営業8年目

サイト登録:4社
リクナビネクスト、doda、ワークポート、マイナビ
→ここから転職エージェント4社に依頼して合計8社

実績:合計20社不採用
 SE 12社(書類通過1社)
 Webコンサル 3社(二次面接1社)
 Webマーケティング 5社

これより私の体験を踏まえて、1つずつ解説していきます。

営業から異業種への転職はどうなのか

コロナ禍に限らず、同じ職種であれば、成功率は高くなりますよね。
だから私の場合、転職サイト・アドバイザーが成功報酬目当てに、
特に営業を勧めるのは仕方ない事です。
(転職サイトの場合、希望求人でSEと書いていても、オファーは8割営業です。
 サイト側で「現職:営業」で登録されると、各社が一斉にオファーメールを
 出している為です。数打ちゃ当たる、ですね。)

しかし、私が目指すのは異なる職種且つ業種というのもあり、
転職サイト・企業側から見ても、「おいしくない」人材です。

加えて今は、コロナで経済が停滞している事を理由に、
各企業が新卒・中途採用に慎重になっています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8d17f9dbdb0ede2eb02f93890a4ac4dfe8989756

コロナ禍転職不況、中でも「特に厳しい意外な人材」とは?――ITビジネスオンライン

厳しいとは分かっているものの、転職サイトによくあるこの言葉。

  • 未経験可、または未経験歓迎
  • 初めは皆ゼロからのスタートでした
  • やる気を評価します

この言葉を鵜呑みにして続けた結果、12社全滅という結果に。

何故なのか。
未経験だが熱意はある。1社くらい、引っかかってもいいはずだ。
割と本気で考えていましたが、現実は甘くないです。

その理由はここにあると思います。

ノースキルでの転職

未経験エンジニアを目指す私の場合、企業、転職アドバイザー共に、
現時点でどんなポートフォリオ(成果物)を作られたか、毎回聞かれています。

「何もないです。でも熱意はあります。」と話し、書類に記入してました。

思い返して分かりましたが、ヤバいですね。

「Progateで勉強中です」とも答えてましたが、ほぼ無いのと同レベルかと。

実際に今は、プログラミングの基礎勉強をしています。
YouTubeで知った、マナブさんのコミュニティ入会で始めたのが今月7日で、HTMLの模写を始めたレベルですが、1か月前よりは進んでいる…はず。

https://www.youtube.com/watch?v=7VH-N-dsq3Y

【初心者向け】プログラミング学習の始め方【3ヶ月で達成できる】 マナブさんのYouTubeより

なぜ企業側がポートフォリオを気にされるか、理由は以下の3つです。

  • どこまでの技術力があるのか
  • どれだけ教育時間・費用が掛かりそうか
  • どんな工夫をしているのか

これらを知りたいからです。

ポートフォリオが内定に影響した事を示す、最近のツイートがこちら。

凄いな、と素直に思います。

ものりすさんのツイッタープロフィールのリンクから、ポートフォリオを
URLで見ましたが、デザイン性もあって質の高いサイトでした。

未経験SEを目指すという事は、これらの方と同等またはそれ以上でないと
採用が難しいという事も分かりました。

これらの事例からも分かる様に、完全未経験且つノースキルは、
「現状では」厳しいです。

ただ、自分の行動で未来は変わります。(スピリチュアルなものでなく。)
最後の章でこの事についてまとめます。

コロナ禍での転職はどうなのか

繰り返し書いてますが、厳しいです。

SE12社落ちつつ、Webマーケティング・コンサルも並行して受けましたが、
二次面接に進んだ1社以外は、エントリー・書類落ちです。

二次面接に進んだ会社も結果は落ちましたが、転職サイトから数日後、
その会社の「募集再開のお知らせ」が来ました。

実際に受けられませんが、企業としてもリセマラしたい状況だと分かると、
悲しさよりも身近さを感じました。
人が集まって会社になるのだから、そんな気持ちにもなりますよね。

今回の結果からも分かる様に、急速な買い手市場に転換しつつありますが、
デジタル化が進むIT系、中でも企業のDX化に関わる求人は増えているとも
上の引用記事にはありました。

付け加えるなら、利益を生み出す営業・SE系の求人数は、
他職種と比べればまだ多いと感じています。
(それだけ入れ替わりがあるという事でしょうが、チャンスでもあります。)

今後について

私としては、転職活動を続けていきます。

元々、現職の営業から逃げたくて始めましたが、甘く考えていました。
その決断の中で、色んな意見を受けました。

  • 今は辞めるべきじゃない。
  • 家族はどうするんだ。無責任じゃないか。
  • 逃げ続ける人生になるぞ。

特に、三つ目のテンプレを聞く日が来るとは思っていませんでしたが、
本当に身体を壊す前に、自分で自分を助けてあげる他ありません。

私自身も今回の転職活動から、楽に転職できる人材でない事が身に染みて
分かった為、ただ闇雲に続けるのでなく、工夫・努力が必要だと気付きました

ちなみに私自身が今、取り組んでいる事は以下の通り。

  1. ノースキル、実績が無いから転職が厳しい状態を変えたい
    →自分の強みを再度洗い出して、転職先の業界を広くする。
  2. 手に職をつけようと、プログラミングについて調べる
    →YouTubeでの検索をきっかけに、マナブさんのコミュニティ入会。
     HTML、CSSの勉強中。
  3. 英語を話せる友達が欲しい
    →マナブさんのリツイートでDiscordの存在を知り、
     そこで知り合ったコロンビア人に学習アプリDuolingoを教えてもらう。
  4. 経済ネタで話せるようになりたい。
    →無料試読として、日経新聞を1か月前から購読中。
     記事の感想、気になった見出しを毎日ツイート。
     経済の関連性が少しずつ分かり、予測も楽しくなる。
    →ブログネタとして面白いかもと、勢いでブログ開設。

たった一ヶ月で、小さな事ですがこれだけの事が変わりました。
今の会社のままダラダラ続ける事を選んでいたら、こうして今ブログで
書いている事は、無かったと思います。

これが何になるのか、やって何になるのかと考えて悩むよりも、
「とりあえずやってみたらいい」という思考に変わったのは、大きな成果です。

転職に悩んでいる方、コロナの影響を受けている方で、
これらを読んで、ひとまず何かやってみようと思えた方が1人でもいたら、
私は嬉しいです。

長文になってしまいすいません。
次はもっと簡潔に書ける様にしてみます。

コメント、改善点等何でも構わないので、頂けたら嬉しいです。

ここまで読んで頂き、有難う御座いました。